五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

福澤徹三「死小説」見たらやっぱり信じちゃうだろうなあ。

死小説 死小説
福澤 徹三

壊れるもの (幻冬舎文庫) 死ぬよりほかに (徳間文庫) 再生ボタン (幻冬舎文庫) 真夜中の金魚 (角川文庫) 嗤う男 (双葉文庫)
by G-Tools

内容(「MARC」データベースより) ひとは、いつか死ぬ。それをはじめて知ったのは、いつのことだろう…。死と死のはざまの「私」へ放つ、「憎悪の転生」「屍の宿」など5編を収録。『小説新潮』掲載を単行本化。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

死にまつわる短編「憎悪の転生」「屍の宿」「黒い子供」「夜伽」「降神」の5編。「黒い子供」がすごく怖かった。

「屍の宿」もどんでん返し風で、「あるある」みたいな?共感が。宿の経営側にしたら、とっても迷惑な話だろうなあ。  

幽霊とかお化けとか見たらやだなあと思うけれど、この巻き込まれてる感のある短編のほうがもっと厭。まっとうに生きたい。  

幽霊とかって、夢との狭間で見る類の幻覚なんだろうけど、見たらやっぱり信じちゃうだろうなあ。眠りに入る前とか間とかで、よく大きな蜘蛛が天井から下がってくるのを見る。虫にたかられたり。(・・・現実にもなってるのかも~そっちのほうが嫌)いつか顔とか手も見ちゃうんだろうなあ。脳が見せるというか。そう解っていても怖い~

★★☆☆☆

ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


?
スポンサーリンク