読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

あさのあつこ「夜のだれかの玩具箱」ストーリーテラーなんだけど…世界を創るのがうまいんだけど・・・

夜のだれかの玩具箱あさの あつこ by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 死期を前に忘れえぬ女性の面影を追って妻娘と旅に出る男。恋女房に去られ落ち込む職人を案じる若旦那の胸の内。少年時代の悔恨と、満開の桜の思い出が甦る亡き友の作文。父を…

桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」むしろ好き勝手な大人に翻弄されている少女七竃が一番可哀想な気がする

少女七竈と七人の可愛そうな大人桜庭 一樹 by G-Tools 出版社/著者からの内容紹介 わたし、川村七竈十七歳はたいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった 鉄道を愛し、孤高に生きる七竈。淫乱な母は、すぐに新しい恋におちて旅に出る。親友の雪風との静かで…

井上荒野「ベッドの下のNADA」ちょっとトラウマぎみの過去の思い出たち

ベッドの下のNADA井上 荒野 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) あなたは、夫(あるいは妻)の子供時代をしっていますか?夜の沈黙、昼の饒舌―追憶と現在。愛情と嘘。今日も“coffee NADA”には常連客が集まってくる。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*…

福澤徹三「死小説」見たらやっぱり信じちゃうだろうなあ。

死小説福澤 徹三 by G-Tools 内容(「MARC」データベースより) ひとは、いつか死ぬ。それをはじめて知ったのは、いつのことだろう…。死と死のはざまの「私」へ放つ、「憎悪の転生」「屍の宿」など5編を収録。『小説新潮』掲載を単行本化。 *★*――――――――――*★*…

谷村志穂「静寂の子」美しい大自然も時に牙をむく。人間も同じですね。

静寂の子谷村 志穂 祥伝社 2006-07by G-Tools 内容(「MARC」データベースより) 夫婦の愛、家族の愛とは? 水難事故をきっかけに、たがいにすれ違いはじめた夫婦。安らぎを求めるふたりの魂は、どこへ向かうのか? 北国を舞台に、永遠のテーマに挑んだ救済の…

桂美人「ロスト・チャイルド」荒唐無稽・漫画っぽい

ロスト・チャイルド桂 美人 by G-Tools 内容紹介 東京都監察医務院が突然、武装グループに襲撃された。人質となった女性助教授・神ヒカルは、遺伝子医療を巡る謀略戦に巻き込まれていく・・・。生命の根源を描いたエンタメ小説、ここに誕生!! *★*――――――――――*…

諸星大二郎の彼の描く「絵」がもうすでに怖いという・・・・・・小説も書くのね「蜘蛛の糸は必ず切れる」

蜘蛛の糸は必ず切れる諸星 大二郎 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 漠然とした不安が紛れも無い『恐怖』に転じる四篇。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 諸星大二郎の本職の漫画のほうが読みやすいけれど、小説も文章にうるさくなければ平気…

瀧羽麻子「左京区七夕通り東入る」溺れるほど好きな事、あったらいいな

左京区七夕通東入ル瀧羽 麻子 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 京都での学生生活も四年目を迎えた七夕の夜、わたしは数学科のキテレツな彼と出会った。どうしてこのひとなんだろうと思う。客観的に見て、異性にもてはやされるタイプとはいえそ…

湯本香樹実「岸辺の旅」死者になってもいいから傍にいてほしい人っていますか?

岸辺の旅湯本 香樹実 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) なにものも分かつことのできない愛がある。時も、死さえも。あまりにも美しく、哀しく、つよい至高の傑作長篇小説。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* ある日、3年前に失踪し、死んでしま…

谷村志穂「リラをゆらす風」楽な方へ流れて行くと、どんどん生活レベルは落ちて、最終的に犯罪に

リラを揺らす風谷村 志穂 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 家族の愛を享けられず、自堕落な日々に溺れ、互いの存在だけを頼りに育った幼馴染み、21歳の香田はるかと20歳の坂本光代。ふくらんだ借金返済のため、ふたりは7歳の少女をさらって身代…

唯野未歩子「走る家」男のための家にはなりたくはないな、失礼しちゃう

走る家唯野 未歩子 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) それなら結婚してよ。柳沢晴子は、いつものように玄関で靴紐をといていた須賀くんへ、どういうわけか求婚してしまっていた。夜のしずけさがちいさく裂けるほどのボリュウムで、いつのまにか…

辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」どんな状況に陥っても、母は子供の行く末が心配なのよね・・・・

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)辻村 深月 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) “30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元…

天童荒太「あふれた愛」自分で選んだ大事な人は、大変な時に親身になって助けてくれるか?

あふれた愛 (集英社文庫)天童 荒太 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) ささやかでありふれた日々の中で、たとえどんなに愛し合っていても、人は知らずにすれ違い、お互いを追いつめ、傷つけてしまうものなのか…。夫婦、親子、恋人たち。純粋であ…

桐野夏生「魂萌え!」死んだ夫の愛人と修羅場

魂萌え!〔上〕 (新潮文庫)桐野 夏生 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 夫の愛人と修羅場を演じるなんて、これが自分の人生なのか。こんなにも荒々しい女が自分なのか。カプセルホテルへのプチ家出も、「あなたをもっと知りたい」と囁く男との逢…

山本弘「審判の日」宇宙の寿命はわずか17日間

審判の日山本 弘 影山 徹 by G-Tools 内容(「MARC」データベースより) 多数の人々、そして、動植物が突如周囲から消滅した。生き残った高校生の亜矢子は、少年・悟と共に奇妙な共同生活をはじめる…。表題作「審判の日」ほか4篇を収録。異形の現実が立ち上…

島本理生「ナラタージュ」染色体にXしかなければ戦争も殺人もほとんど起きないかもしれないな

ナラタージュ島本 理生 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 壊れるまでに張りつめた気持ち。ごまかすことも、そらすこともできない―二十歳の恋。これからもずっと同じ痛みを繰り返し、その苦しさと引き換えに帰ることができるのだろう。あの薄暗か…

荻原浩「さよならそしてこんにちは」直木賞の60歳

さよなら、そしてこんにちは荻原 浩 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 世のため、人のため、そして家族のため、働き者の悲哀を描く、著者独壇場の傑作集。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 日常の喜び悲しみが7編の短編にちりばめられてます…

山本幸久「はなうた日和」心が重く暗くなった時に最適!

はなうた日和 山本 幸久 集英社 2005-07-26売り上げランキング : 605393Amazonで詳しく見るby G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) こどももおとなも人生はハプニングづくし。東京・世田谷線沿線を舞台に描く、ささやかな変化と希望の物語8編。『笑う…

朱川湊人「鏡の偽乙女」不思議でミステリー、でも心温まる話が読みたい時はおなじみのこの方!

鏡の偽乙女 ─薄紅雪華紋様─朱川 湊人 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 大正三年、東京。画家を志し、家を飛び出す槇島風波。闇を幻視する美貌の天才画家、穂村江雪華。根津蟋蟀館に集う異形の面々。心を略奪する美の蒐集家。変わりゆく帝都を彷…

宮部みゆき「英雄の書」ビジュアルが色々豊かでゲームに向いてそうです

英雄の書 下宮部 みゆき by G-Tools 内容紹介 「あれ」が獄を破った。戦いが始まる。 邪悪は、何と巧みに人の心に付けいるのだろうか。 宮部みゆきが放つ、戦慄の最新刊。 「ひとつ踏み誤れば、あなたも<英雄>に囚われ、呑み込まれて しまうことでしょう。<…

山本幸久「シングルベル」ざぶとんひとーつ

シングルベル山本 幸久 by G-Tools 容紹介 典型的な草食系男子で結婚興味なしの陽一は、父の策略で3人の女性と見合いをする羽目になる。外資系バリバリ管理職、バンド大好きOL、元人気モデルの中から彼が選んだ女性とは? ドラマでも話題の婚活世代に送るコメ…

荻原浩「千年樹」 もうひとりの荻原浩。どんな人も今が有り難く思えます。

千年樹荻原 浩 by G-Tools 出版社/著者からの内容紹介 木はすべてを見ていた。 ある町に、千年の時を生き続ける一本のくすの巨樹があった。千年という長い時間を生き続ける一本の巨樹の生と、その脇で繰り返される人間達の生と死のドラマが、時代を超えて交…

有栖川有栖「妃は船を沈める」有名な猿の手

妃は船を沈める有栖川 有栖 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。“妃”と綽名される女と、彼女のまわりに集う男たち。危うく震える不穏な揺り篭に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。―…

宮下奈都「メロディ・フェア」メイク、もうちょっと楽しんでみるか。

メロディ・フェア (文芸)宮下 奈都 by G-Tools 内容紹介 私はこの世界の小さいところから歩いていくよ 大学を卒業した私は、田舎に戻り「ひとをきれいにする仕事」を選んだ。けれども、お客は思うように来ず、家では化粧嫌いの妹との溝がなかなか埋まらない…

よしもとばなな「もしもし下北沢」無理心中させた、知らない女の人の存在がブラックホールのよう

もしもし下北沢よしもと ばなな by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) この街に来てから、私はどんどん素直になっていく。知らない女と心中してしまったお父さん。残された私とお母さんは、新しい人生を始めようと思い立った―下北沢で。どこにでもあ…

梁 石日「Y氏の妄想録」初のゼロ星。

Y氏の妄想録梁 石日 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 「生きていることになんの意味があるのか。苦しみがあるだけだ。おれはおれの暗い深い穴の中へ堕ちていく…」定年退職した男を待っていたのは、社会からの疎外感と、家族の無関心。現実とは…

瀧羽麻子「白雪堂」はらはらわくわくどきどきな女子のお仕事小説!

白雪堂瀧羽 麻子 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 基礎化粧品ライン「シラツユ」が看板ブランドの中堅化粧品会社“白雪堂”。技術力が高くてアットホームなこの会社に就職した峰村幸子。しかし、不況の影響で売れ行きは先細る一方。ブランド力を…

京極 夏彦「厭な小説」いやだ・・・

厭な小説京極 夏彦 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 「厭だ。厭だ。厭だ―」感情的パワハラを繰り返す馬鹿な上司に対する同期深谷の、呪詛のような繰り言にうんざりして帰宅した私を、マイホームの玄関で見知らぬ子供が迎えた。山羊のような瞳。…

道尾秀介「向日葵の咲かない夏」私はホラーとかファンタジーとか変な話も好きなので。

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)道尾 秀介 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体…

山本幸久「ある日、アヒルバス」よーし私もがんばるぞーと思えます!!

ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)山本 幸久 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) アヒルバス入社五年の観光バスガイド・高松秀子(通称デコ)はわがままツアー客に振り回されたり、いきなり新人研修の教育係にされたりと悩み多きお仕事の毎日。…

恩田陸「私の家では何も起こらない」因縁といえば、沖田浩之家、4人自殺という物凄い家族。

私の家では何も起こらない (幽BOOKS)恩田 陸 by G-Tools 内容紹介 この家、あたししかいないのに、人がいっぱいいるような気がする・・・・・・ ようこそ、丘の上の幽霊屋敷へ。恩田陸が描く、美しく不穏なゴーストストーリー。 小さな丘の上に建つ二階建て…

岩井志麻子「派手な砂漠と地味な宮殿」「堕ちてゆく」抑圧を解放して飛翔する人もいるだろうけど、岩井さんの好みじゃないだろうし(笑)

派手な砂漠と地味な宮殿岩井 志麻子 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) バブルを引きずったブランド志向の女社長、清貧を地でいく控えめな女流漫画家―対照的な女ふたりの運命が交錯するとき、そこに浮かび上がってくるものとは…山本周五郎賞作家…

唯川恵「雨心中」悪い男に引っかかって離れられない女

雨心中唯川 恵 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) だれにも頼れない二人。だれにも冒されない愛。だれにも抗えない運命。施設育ちの芳子と周也は、実の姉弟のように身を寄せ合って生きてきた。どこまで逃げれば居場所が見つかるのだろう。はじめ…

よしもとばなな「サウスポイント」困った時の吉本ばなな

サウスポイントよしもと ばなな by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) かつて初恋の少年に送った手紙の一節が、ハワイアンの調べに乗って耳に届いた。「ひとの人生を縫い上げる」キルト作家となった私は、その歌い手とともに、空と海と大地が接する…

綾辻行人「アナザー」二度目はない。

Another綾辻 行人 by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放…

古川日出男「ルート350」退屈で理不尽な日常がわくわくする冒険に変わる。

ルート350古川 日出男 by G-Tools 内容(「MARC」データベースより) いっぱいの現実と、いっぱいの絵空事。何十、何百もの小説へと続く可能性を秘めた、虚実のあわいを走るルート350-。小説の地平を切り拓く、著者初の衝撃短編集。表題作の他、「カノン」「…

唯野未歩子「僕らが旅に出る理由」「3年身籠る」3年もお腹にいるなんて冗談じゃないよねと思うわ

僕らが旅にでる理由 唯野 未歩子 文藝春秋 2009-08売り上げランキング : 824137Amazonで詳しく見るby G-Tools 唯野 未歩子 1973年、東京生まれ。武蔵野美術短期大学、多摩美術大学を卒業後、女優、映像作家として活躍。2005年、初の長編劇映画「三年身篭る」…

梶尾真治「時の風に吹かれて」

時の風に吹かれて 梶尾 真治 光文社 2006-06-21売り上げランキング : 216184Amazonで詳しく見るby G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) あなたにおぼえていてほしい、わたしの未来の物語。読み終えたら、きっと、誰かに話したくなる。胸をうつ、心が躍…

加藤幸子「池辺の棲家」畠中恵さんの小説で心が乾いたところで加藤幸子さんで潤った感じ。

池辺の棲家 加藤 幸子 講談社 2003-10売り上げランキング : 1039496Amazonで詳しく見るby G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 都会の片隅にある池のほとりで、いきものたちと共にめぐる季節と満ちてゆく人生の時間―。いのちの連環を描く秀作短篇連作…

川上未映子「乳と卵」全体的に生臭い

乳と卵(らん) (文春文庫) 川上 未映子 文藝春秋 2010-09-03売り上げランキング : 91227Amazonで詳しく見るby G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 娘の緑子を連れて大阪から上京してきた姉でホステスの巻子。巻子は豊胸手術を受けることに取り憑かれて…

角田光代「なくしたものたちの国」ほんとになくしたもの倉庫があったらなあ・・・

なくしたものたちの国 角田 光代 松尾 たいこ ホーム社 2010-09-24売り上げランキング : 32640Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容紹介 イラストと小説が響かせる、生きるよろこび 松尾たいこのイラストと、それをモチーフに描かれた角田光代の連作短編小説…

豊島ミホ「神田川デイズ」明日を生きる勇気

神田川デイズ (角川文庫) 豊島 ミホ 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-11-25売り上げランキング : 245665Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) ダメダメなあたしたちにも明日は来る。否応なく―コタツでとぐろを巻く童…

天童荒太「悼む人」人の命は皆平等なんて嘘だ!

悼む人 天童 荒太 文藝春秋 2008-11-27売り上げランキング : 3953Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容紹介 全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。彼を巡り、夫を殺した女、 人間不信の雑誌記者、末期癌の母らのドラマが繰り広げられる 内容(「BOOK…

岩井志麻子「五月の独房にて」読み応え満点,状況描写、心理描写ともにまさにホラー。

五月の独房にて 岩井 志麻子 小学館 2009-01-29売り上げランキング : 213198Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) だから。だから、殺した。二人して私を侮辱し、笑い者にしたのだ。脅したり陥れるよりも、その罪は重い。だから…

道尾秀介「龍神の雨」私が毎年行く近くの海が舞台の花火大会なんて、よく雷が横に長く走り、昔の人はあれを龍に見立てたんだろうなあ言うすさまじさなんです

龍神の雨 道尾 秀介 新潮社 2009-05売り上げランキング : 170071Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。最…

乃南アサ「すれ違う背中を」仲間がいるから

すれ違う背中を 乃南 アサ 新潮社 2010-04売り上げランキング : 162337Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 「過去」の背中に怯える芭子。「堀の中」の体験をいまだ不用意に口走る綾香。しかしやっと、第二の人生が、ここ谷中で…

上橋菜穂子「狐笛のかなた」 でもおばさんには、その清らかさや愛はちょっと遠い存在かも…(笑)

狐笛のかなた (新潮文庫) 上橋 菜穂子 新潮社 2006-11売り上げランキング : 12943Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 小夜は12歳。人の心が聞こえる“聞き耳”の力を亡き母から受け継いだ。ある日の夕暮れ、犬に追われる子狐を助…

大島真寿美「ビターシュガー」恋愛も結婚生活も独身生活もさらっと

ビターシュガー 大島 真寿美 小学館 2010-06-28売り上げランキング : 12223Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) アラフォー女性の友情―。市子とまりと奈津の三人は二十年来の交流を続けてきた女友達。ある日、市子のマンション…

朱川湊人「あした咲く蕾」さんのちょっと怖いけれどノスタルジーな世界観

あした咲く蕾 朱川 湊人 文藝春秋 2009-08売り上げランキング : 306302Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 「赦されること」と「受け入れられること」それがこの世の中で、一番うつくしいことだと思いませんか。世界一、うつく…

山本幸久「愛は苦手」もしかして女性作家かも?と思って検索するほど

愛は苦手 山本 幸久 新潮社 2010-01売り上げランキング : 347861Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) “アラフォー”って自分では笑って言えるけど、他人にそう呼ばれると、なぜか嫌。20代はみんな私に優しくて、30代も大丈夫と思…