読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

今まで読んだ北村薫 「語り女たち」等

作家名K
語り女たち
語り女たち 北村 薫

新潮社 2004-04-15
売り上げランキング : 156397

おすすめ平均 star
star幻想世界への小さな旅
star語られる世界に遊ぶ至福
starしずかに鳴りだす琴の音のような話たち

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*内容*語り出されるのは、幻想的な――そして日常的な――“謎”のものがたり。微熱をはらむその声に聴き入るうち、からだごと異空間へ運ばれてしまう、17話。

 

「緑の虫」竹の林を散歩したくなりました。でもこの話だと疲れそうな竹藪。

「文字」思い出せない漢字ってもしかしたら、こんな風になってるのかも?とちょっと疑ってしまいました(笑)この漢字も存在しそう…!

「わたしではない」自分が人形者なので(笑)こんな話は好き。

「歩く駱駝」メルヘンです…

「海の上のボサノヴァ」歌を歌う人の素晴らしい心得。

「眠れる森」こんな素敵な森があったら…

「夏の日々」誰もが持つ、夏の夕のノスタルジー。

「ラスク様」初恋の眩しさ。

「水虎」意外な素顔の河童のお話。いそう…男前ってとこがいいvv

「梅の木」切なく優しい気持ちになれます。

★★★☆☆  

北村薫の小説はすべて優しく上品ですね。まるで気品のあるおばさま、という印象。どぎつい表現や際どさがなく品質も安定していてどなたでも安心して読めます。基本的に人間を見る目が優しいのでしょうね。ただちょっと物足りない気もしてしまいます(汗)  

はるか27年くらい前に読んだ時、自分と同じ年代の女性だと思っていたんですけどね~(笑)その辺は凄いです。今はネットでさくっと検索して素顔が拝めてしまいますね。素敵なおじさまです。  

それに引き替え、高村薫のほうはとっても男らしい文体と内容ですね。ハードボイルド的で。(でもちょっと腐女子的な表現もあったりして最初から女性を疑ってましたけど(笑)写真が新聞の評論などによく載ってるのですぐに女性だと判明しました。頭いい方ですね。)

 

スキップ
スキップ 北村 薫

新潮社 1999-06
売り上げランキング : 29266

おすすめ平均 star
star北村薫さん、いい本をありがとう。
starスキップ
star果たして母は…

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*内容*昭和40年代の初め。わたし一ノ瀬真理子は17歳、千葉の海近くの女子高二年。それは九月、大雨で運動会の後半が中止になった夕方、わたしは家の八畳間で一人、レコードをかけ目を閉じた。目覚めたのは桜木真理子42歳。夫と17歳の娘がいる高校の国語教師。わたしは一体どうなってしまったのか。独りぼっちだ―でも、わたしは進む。心が体を歩ませる。顔をあげ、『わたし』を生きていく。

 

ターン
ターン 北村 薫

新潮社 2000-06
売り上げランキング : 13662

おすすめ平均 star
starこんな世界、どう?
star一生懸命に生きるって大切
starMy Best です。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*内容*車が衝突して、記憶がとだえ、真希は昨日に戻っていた。そして午後3時15分、気づくとまた同じ一日が始まる。 ターン、ターン、その繰り返し。でもいつかはリターンしたい。帰りたい…。「時と人」の謎を探る長編小説。

リセット
リセット 北村 薫

新潮社 2003-06
売り上げランキング : 83984

おすすめ平均 star
star三部作の中で、やっぱりこの作品が一番
star時間と時間のめぐりあい
star読んでみて絶対に損はしません!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*内容*太平洋戦争末期、神戸に住む女学生の水原真澄は、時局の厳しさを横目で見ながら、友人たちと青春を謳歌していた。真澄には、結城修一というほのかな恋心を抱いている少年がいる。幼い記憶にある、30数年に1度しか見られないという獅子座流星群をいつかふたりで眺めてみたいと真澄は心に期していたが、度重なる戦火がふたりを引き裂いてしまう。やがて終戦を迎え、東京オリンピック開催が近づく昭和30年代前半。小学5年生の村上和彦は、自前で小学生に絵本や児童書を貸し与える女性と知り合う。彼女こそは水原真澄だった。折りしも獅子座流星群の到来まで、あと4年と迫っていた…。  

 

各々独立した物語ですが、「時と人」三部作と言われてそうですね。スキップは読んだのですが、あとの二つまだ読んでません。レヴューを見るかぎり、おもしろいみたいですね。  今私は47歳。今なら母と娘どちらの気持ちもわかるなあ…歳を経て読むと面白いものですね。

 

空飛ぶ馬
空飛ぶ馬 北村 薫

東京創元社 1994-03
売り上げランキング : 4694

おすすめ平均 star
starあったかくて、やさしい
star日本っていい国だなと思える本
star優しい読後感

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*内容*「私たちの日常にひそむささいだけれど不可思議な謎のなかに、貴重な人生の輝きや生きてゆくことの哀しみが隠されていることを教えてくれる」と宮部みゆきが絶賛する通り、これは本格推理の面白さと小説の醍醐味とがきわめて幸福な結婚をして生まれ出た作品である。

夜の蝉
夜の蝉 北村 薫

東京創元社 1996-02
売り上げランキング : 95991

おすすめ平均 star
star「私」シリーズで一番好き
starへぼ探偵のつぶやき
star「愛」の物語

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*内容*『空飛ぶ馬』につづいて女子大生の〈私〉と噺家の春桜亭円紫師匠が活躍する。鮮やかに紡ぎ出された人間模様に綾なす巧妙な伏線と、主人公の魅力あふれる語りが読後の爽快感を誘う。第四十四回日本推理作家協会賞を受賞し、覆面作家だった著者が素顔を公開する契機となった第二作品集。  

秋の花
秋の花 北村 薫

東京創元社 1997-02
売り上げランキング : 87186

おすすめ平均 star
star人間のもろさが切ない作品
star期待外れ・・・ 評価下げてすみません
star秋海棠

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*内容*絵に描いたような幼なじみの真理子と利恵を苛酷な運命が待ち受けていた。ひとりが召され、ひとりは抜け殻と化したように憔悴の度を加えていく。文化祭準備中の事故と処理された女子高生の墜落死―親友を喪った傷心の利恵を案じ、ふたりの先輩である『私』は事件の核心に迫ろうとするが、疑心暗鬼を生ずるばかり。  この三つが、例の(笑)20年ほど前に読んだ本たち。   

 

高野文子の表紙に惹かれて買いました。(好きですv絵がうまーい)   

20年前のだから懐かしい感じの女子大生です。ちょうど自分も女子大生になりたてで、主人公と同化できましたっけ。  

「秋の花」だけはやりきれないお話ですが、他は推理物ではあっても殺しが出ることはなく、ほのぼのしたものばかり。日常の中のなにげない「謎」の解明にはっとさせられます。

★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク





☆参考にしてるトラコミュ

オリジナル小説発表
創作家の自分記録  
自分らしく気まま生活!
イラスト日記