読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

とてつもなく重圧感  柳美里「8月の果て」

作家名Y

8月の果て
柳 美里
4104017086

 
8月の果て 柳 美里

新潮社 2004-08-10
売り上げランキング : 56234

おすすめ平均 star
star柳氏の「こころの声」
starレビューが
star血も声も立ったまま眠っている

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容*祖父はなぜ、競技も国も家族も捨てて、独り日本へ逃れたか。幻の五輪マラソンランナーだった祖父の生涯を追いながら、戦前から現代に至る朝鮮半島と日本の葛藤をえぐりだす。『朝日新聞』夕刊および『新潮』連載を単行本化。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

読む度にとてつもなく重圧感がのしかかり憂鬱になったけれど、なんとか最後まで読み遂げた小説。すごく充実感があった。読後はいろいろ思うところはあれど爽やかです。  

祖先の人たちは皆奔放でさすが柳美里の先祖だなあと;奔放に生きるために恨まれたり恨んだり。そして何の因果なのか度々家族の死という不幸に見舞われる。死んでゆく人の感情がどっと入ってきて、まるで疑似体験してるようだった。雨根とナミコの淡い恋のようなものと、その後のふたりそれぞれの場所、事件での悲惨な最期が一番衝撃だった。立ち直れないほど。

最後に救いのシーンがあって本当によかったです(涙)

★★★★☆ 





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
|∀`)ノ.。oO(ありがとうございます)



☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク




☆参考にしてるトラコミュ

オリジナル小説発表
創作家の自分記録  
自分らしく気まま生活!
イラスト日記