読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

東野圭吾「幻夜」 男性の描くのは爽やかな魔性の女。(なにそれ)

幻夜
幻夜 東野 圭吾

集英社 2004-01
売り上げランキング : 51104

おすすめ平均 star
starラスト2章のスピード感
star同じモチーフを使って、さらにエピソードの振り幅を大きくした感じ
star白夜行の続編に近いが

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容*1995年、西宮。父の通夜の翌朝起きた未曾有の大地震。狂騒の中、男と女は出会った。美しく冷徹なヒロインと、彼女の意のままに動く男。女の過去に疑念を持つ刑事。あの『白夜行』の衝撃が蘇る!

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

白夜行』を読んでないので、機会があれば読みたいです。続編なのか、似た話なのか。白夜(ホワイトナイト)というショップが出てくるので、同一人物(美冬と店長)が出るのか?

最初の神戸大震災のリアルな描写に圧倒される。地獄を見た後には、その後の魔性の女の所業など可愛いものに見えてしまうのがちょっと惜しかったです。

所詮男性作家の描く女性なので(笑)魔性ではあってもどろどろしたところや汚いところがないです。爽やかな魔性の女。(なにそれ)

それにしても最期まで過去が明かされなかったので、私も美冬になりきった女の過去が知りたいです!どれほどの過去があるから生まれ変わりたいのか?続編希望。  

宮部みゆきの「火車」の他人になりかわって生きる女性のほうがとてもリアルで共感も出来た。親のために借金を背負い、身売りさせられる日々追われる日々を終わりにしたかった悲壮なしたたかな女性。最期のシーンが印象的。

それに比べて、過去が明かされなかったせいもあって、この美冬はただ自分の欲望のためだけに男を利用しのし上がってゆくただの欲深い人にしか見えない。共感もみじんも出てこない。最後はほんと悔しい。証拠をにぎるふたりが…!(ねたばれ)それでも美冬は近い将来「老い」負けるわけですけどね…!どんなに美容整形の技術が進もうともアンドロイドにならない限り美しくあり続けるのは不可能ですもの。

★★☆☆☆

 

 

火車
火車 宮部 みゆき

新潮社 1998-01
売り上げランキング : 3488

おすすめ平均 star
starかなりいけてます!
star十分満足できました
star虚像の平和国家

Amazonで詳しく見る by G-Tools

詳しくは、以前の宮部みゆきのページにて。彼女の小説で一番おもしろかったです。

★★★★☆

 

 







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
|∀`)ノ.。oO(ありがとうございます)



☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク




☆参考にしてるトラコミュ

オリジナル小説発表
創作家の自分記録  
自分らしく気まま生活!
イラスト日記