読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

それほど素敵な事でもなかった事まで輝いてしまう 重松清「トワイライト」

トワイライト (文春文庫)
トワイライト (文春文庫) 重松 清

文藝春秋 2005-12
売り上げランキング : 61014

おすすめ平均 star
star人生の黄昏
star苦さと懐かしさ
star70年代型少年 IN 大阪

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容(「MARC」データベースより) 26年ぶりに再会した同級生達。校庭に埋めたタイムカプセルとともに、それぞれの胸の思いも封印を解かれる―。あの頃の未来に追いついたいま、21世紀とはどんな日々なのか。70年代型少年少女に捧ぐ *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

いいお話でしたが、ちょっとくどかったです。惜しい。重松さんはいつもくどいのでそれは作風だと思ってますが…(笑)大阪万博とか太陽の塔とかの世代はちょうど私の夫世代なのでそれほど郷愁はさそわれなかったけれど、ドラえもんのキャラに丁度当てはまっていた小学校当時と現在の中年になった自分たちとのギャップに苦しむ様は切ない。

取り戻せない過去って、それほど素敵な事でもなかった事まで輝いてしまうんですよね。もう二度と取り戻せないだけに切ない。きっとこの主人公たちも皆、現在の自分が上手くいってないので尚更、過去が輝いて見えてしまってるんだろうなあ。

★★★☆☆





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
|∀`)ノ.。oO(ありがとうございます)



☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク










↓↓げん玉入ってみました。ココから登録すると250ポイントもらえます。

スマホ版のげん玉を利用すれば、無料アプリをインストールするだけでポイントGETできます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト




スポンサーリンク