読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

原生林の怖さ  あさのあつこ「ぬばたま」

ぬばたま
ぬばたま あさの あつこ

新潮社 2008-01
売り上げランキング : 164317

おすすめ平均 star
star山が、緑が、自然が、、恐怖の根源

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ホラーの中編集。今ちょうど夏なので怖くていいかな。

それほど怖くはないのですが一応ホラーのようです。

最後の4つ目のお話の森で自殺したおじさんが毎日座敷の隅に座ってるところが一番怖かったかな。夏の濃い緑の森や山の中はひんやり暗くて何かの気配を感じそうです。

一度、伊豆の山奥でとっぷり日が暮れてから迷った事があるので、それを思い出したら中々怖くなってきました。山奥でぽっかり村があって、そこで道を聞いてなんとか帰れたのでしがた、村も八つ墓村のようで怖かったです~~~(失礼)  

1つめはよくわからない話でしたが、他三篇はお勧めです。

2話は初恋と隠された真実に、3話は夏休みが始まる前のあのわくわくした感じにノスタルジーに浸ってしまいました。

3年生くらいの時だかの、夏休みが明日からという夕暮れ、友達と可愛い手帳を買った帰り道のおたいこ橋の上で見た入道雲と夕焼けがありありと思い出せます。あの無限の自由が広がってる感じ、中年の私にはもう味わえないんだろうなあ。

3話も切ないです。そういえば4話で2話のお母さんが幽霊で出てきますが…「山へ還れ」と言われても山だけには帰りたくないだろうなあと可哀相になりました。一人娘の事も気がかりだろうなあと。

★★★☆☆



|∀`)ノ.。oO(いつもありがとうございます)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク
















モッピー!お金がたまるポイントサイト