五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

梁 石日「闇の子供たち」

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) 梁 石日

幻冬舎 2004-04
売り上げランキング : 35

おすすめ平均 star
star吐き気がしたほど
star前半は面白い
starまだ読む前だけど

Amazonで詳しく見る by G-Tools

貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。 

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*    

 空腹に耐え切れず虫;を食べるシーンや、エイズにかかって黒ビニール袋に入れられゴミの山に捨てられ自力で村に戻ったものの、木の檻に入れられ生きながら蟻に食われ親に火をつけられ燃やされるシーンは今だに悪夢のように蘇ります。リアルな文体がその悲惨さを際立たせてます。自分のあまりの無知と無力さに落ち込みました。  

以前映画が公開されてましたね。どこまで描かれてるのかすごく気になります。NGO活動と臓器売買が主な内容になりそうですが…。  

随分前に読んだのですが、あまりに衝撃的で気分が滅入って数日立ち直れなかったのを憶えてます。子供を持つ身には信じられないやりきれないシーンが多々出てきて読み進めるのが辛かったです。我が子をいったいどうして売ったり出来るのか?人間はどこまで汚く非道になれるのか?小説だと自分に言い聞かせなければ最後まで読めません。けれどほとんど事実のようなのです…。

★★★★☆

 

 

ブログランキングに参加していますv ↓↓どうぞぽちっと押してやってください
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク





☆参考にしてるトラコミュ

オリジナル小説発表
創作家の自分記録  
自分らしく気まま生活!