読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

何かしら心に残る 吉村昭「死顔」



スポンサーリンク





死顔
死顔 吉村 昭

新潮社 2006-11-21
売り上げランキング : 175614

おすすめ平均 star
star山茶花
star吉村さんは最後にビールとコーヒーをすすり自ら旅立った。
starこの小説を書かなければ死ねない

Amazonで詳しく見る by G-Tools

生と死を凝視しつづけた作家が、兄の死を題材に自らの死生観を凝縮し、死の直前まで推敲をつづけた短篇「死顔」。死の静謐を期し、延命措置への違和が表明されている。著者の最期とも符合する表題作など、全五篇の遺作小説集。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

心が落ち着く短編集です。古き良き日本の情景が思い浮かべられます。なんとなく川端康成を思いだしたり。(「雪国」途中で挫折したままですが(汗)  

五つ星だらけで素晴らしいレヴューが読めるので、AMAZONに飛んでみてください。(私のはレヴューになってないので;)

起承転結があって面白く読める娯楽本ではないですが何かしら心に残ります…。

★★☆☆☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文















モッピー!お金がたまるポイントサイト