読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

高田侑「顔なし子」

作家名T



スポンサーリンク





顔なし子
顔なし子 高田 侑

幻冬舎 2007-08
売り上げランキング : 359995

おすすめ平均 star
star辛すぎる不幸の連続に耐えて、最後まで読んで良かった。
star人は変われるのですね。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

年老いた父と同居するため、家族をつれて故郷に戻った美笹修司。その帰郷を待ちわびたように次々と発生する怪事件。恐怖のどん底に突き落とされる村。その時、修司の脳裏には、ある少年の姿が浮かんでいた…。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

冒頭の「顔なし子」言い伝えが怖さを暗示していて、全体に影を落とすせいで、最後までどろどろした印象を引きずりました。

登場する人物たちも悲惨な出来事を心に引きずっていて、(自業自得なんだけど;)皆、次々起こる事件は伝説にちなんだ感じの、虐げられた子の複襲劇を想像してしまってる。

~以下ネタばれ~

横溝正史風な展開かと思っていたら、意外な真相が明かされて、悲しい間違いもあったけれど、虐げられた子は普通の暮らしに戻れていて一応ハッピーエンド。ほんと最後まで読んでよかったです。お母さんの分まで幸せをつかめてよかったねという感じ。不幸の雪だるまはどこまで転がってゆくのか、どきどきしながら読めました。

★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文















モッピー!お金がたまるポイントサイト