五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

恒川光太郎「夜市」いいひと見つけちゃった(≧ω≦)

夜市 (角川ホラー文庫)
夜市 (角川ホラー文庫)
角川グループパブリッシング 2008-05-24
売り上げランキング : 32011

おすすめ平均 star
star第12回日本ホラー大賞受賞作かつ著者のデビュー作
starこのイマジネーションが時折必要になる人生の方が楽しい!!
star心地よい

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより) 妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた―。奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング!魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

他の方のレヴューでも言われてるようにホラーというよりも、ダークファンタジー。一歩踏み外すとそこはいつもの世界の道理が通用しない、綺麗でちょっと怖い世界。表題は、どんでん返しが見事でした。でも種がわかってしまったら、読むのは一度でいいかな。夜市が残酷でいながら、もっと素敵で魅力的な場所に描かれていたらよかった。  

もうひとつの、「風の古道」がヒット。こんな古い道私も通った事がるかも!抜け道探しばかりしていた子供時代に。懐かしさにどきどきするような展開なのだけど、やっぱり道理は通らず残酷な結果に終わってしまう友達。でもあまりのノスタルジーな世界を見に、またぜひ読んで世界に浸りたい。「雷の季節の終わりに」といい、いいひと見つけちゃった(≧ω≦)これからも楽しみ。 ★★★★☆


ぽちっと!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文














|ω・´).。oO(楽天などの買い物をここ↓からすると1%貯まります、気長に貯めてます!)