五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

平野啓一郎「ドーン」地球に夜明けは来るのか?(´・_・`)

ドーン (100周年書き下ろし)
ドーン (100周年書き下ろし) 平野 啓一郎

講談社 2009-07-10
売り上げランキング : 70001

おすすめ平均 star
star名作。でもしんどい。
star近未来的であり現代的
star現実感を帯びた独特の世界

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容紹介 最高の純文学にして究極のエンターテインメント! 2033年、人類で初めて火星に降りたった宇宙飛行士・佐野明日人。しかし、宇宙船「DAWN」の中ではある事件が起きていた。世界的英雄・明日人を巻き込む人類を揺るがす秘密とは?

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

近未来SF&政治物&夫婦愛などなど色々織り交ざった小説。大長編で、しっかりまとまってるようだけど…。まったく心には何も響いてはこなかった。  

ただ、それぞれ取り上げてるシーンについてのみ、思うところあったかな。

火星へ行く章はどきどきする。それより何より、密室で何百日も同じメンバーで過ごす恐怖がひしひしと伝わってきた。どんなに温厚な人ぞろいでも諍いは起こるだろうに、問題のある人が問題を起こす。その後も地球に帰るまで狭い宇宙船から出ることはできない。飲む水も尿を浄化したもの。とにかく閉所恐怖症の私には気が狂いそう。密室にひとりならいいんだけど数人となると…気が狂いそう。過酷な訓練を受けてきた優秀な乗組員たちでさえ、狂いそうになりながらも偉業をなしとげる。  

主人公の死んだ息子「太陽」くんの映像なのに、自分で考えるロボットのようなところ、興味深かった。大統領選の各々のセリフが延々続くところも面白かった。  

ベトナム戦争、国際テロ組織、聖戦、人工生命、火星着陸。地球に夜明けは来るのか…!私が頭悪いせいか、もういろんな人が出てきて着いて行けないところも多々。なんとか読み終えた感じ。今もどこかで2年だかに及ぶ訓練がされてるんだよね。あ~いくら宇宙に行けるといっても超長期滞在は耐えがたいものだろうな。でもそれ以上に夢と情熱がある人ならば大丈夫なのだろう。

★★☆☆☆


ぽちっと!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文














|ω・´).。oO(楽天などの買い物をここ↓からすると1%貯まります、気長に貯めてます!)