五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

三浦しをん「私が語りはじめた彼は」挿話の中国の残酷物語がこわすぎる・・・

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)
私が語りはじめた彼は (新潮文庫) 三浦 しをん

新潮社 2007-07
売り上げランキング : 13859

おすすめ平均 star
star村川教授、そんなにいい男??
star三浦しをんには珍しいダークな感じ
star徐々に引き込まれて

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容(「MARC」データベースより) 「彼」のなにを知ってるのか? 「私」のことさえよくわからないのに…。闇を抱えつつ、世界は今日も朝を迎える。男女と親子の営みを描く、「ミステリ+心理小説+現代小説」という連作短篇。『小説新潮』連載を纏める。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*

他の方のレヴューの「教授のモテる理由が、最大のミステリー」というのが傑作!!!(大笑) 村川教授に振り回されてがんじがらめになってた人々の語りを聞くうちに、彼に対する好奇心がむくむくと…。  

最初の1ページの中国の残酷物語がどーしても頭から離れず怖かった。怖すぎる。あまりに、こっちの挿話のほうがインパクトがありすぎて、ぼんやりしながら読み進めました。

恋愛の森みたいなところへ入って行くような心象風景が印象深い。外へ出てみれば広い草はらが広がっていて自由なのに。三浦しをん、評判いいみたいだけれど、いまいち好きにはなれないな、まるで桐野夏生のように(笑)また別の読んでみよう。

★★☆☆☆


ぽちっと!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文














|∀`)ノ.。oO(下のバナーから登録すると私へも800pt(80円)いただけるので、もし登録しようかな~という時は、ぜひよろしくお願いします!)



|ω・´).。oO(楽天などの買い物をここ↓からすると1%貯まります、気長に貯めてます!)