読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

川上未映子「乳と卵」全体的に生臭い

乳と卵(らん) (文春文庫)
乳と卵(らん) (文春文庫) 川上 未映子

文藝春秋 2010-09-03
売り上げランキング : 91227

Amazonで詳しく見るby G-Tools

アサッテの人 (講談社文庫) わたくし率 イン 歯ー、または世界 (講談社文庫) そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります (講談社文庫) ヘヴン 時が滲む朝 (文春文庫)
内容(「BOOK」データベースより) 娘の緑子を連れて大阪から上京してきた姉でホステスの巻子。巻子は豊胸手術を受けることに取り憑かれている。緑子は言葉を発することを拒否し、ノートに言葉を書き連ねる。夏の三日間に展開される哀切なドラマは、身体と言葉の狂おしい交錯としての表現を極める。日本文学の風景を一夜にして変えてしまった、芥川賞受賞作。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

薄いのですぐ読めます。だらだら、とりとめのない文章が続くけれど慣れれば読みやすくなります。

女三人三様の体と心の揺れる有様。ぐずぐず話は進むけれど、激情をぶつけあう最後のシーンは、いままでのぐずぐずが効いて、スッキリいい印象。

確かに全体的に生臭い…最後の生卵かけ合戦といい(笑)女性にしか描けない話だろうけれど、特別心は動かなかった。愚作という人もいるけれど、新しい試みをしてるので、賞をとれたんだろうな。 賞をとった小説でよかったものって・・・あまりない。小説家が選んでるからかな。本屋さん賞のほうが一般の読者目線で面白いものが選ばれるのかも。

★★☆☆☆


ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文














|∀`)ノ.。oO(下のバナーから登録すると私へも800pt(80円)いただけるので、もし登録しようかな~という時は、ぜひよろしくお願いします!)



|ω・´).。oO(楽天などの買い物をここ↓からすると1%貯まります、気長に貯めてます!)