読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

よしもとばなな「もしもし下北沢」無理心中させた、知らない女の人の存在がブラックホールのよう

もしもし下北沢 もしもし下北沢
よしもと ばなな

どんぐり姉妹 王国〈その4〉アナザー・ワールド ジュージュー Q人生って? (幻冬舎文庫) サウスポイント (中公文庫)
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより) この街に来てから、私はどんどん素直になっていく。知らない女と心中してしまったお父さん。残された私とお母さんは、新しい人生を始めようと思い立った―下北沢で。どこにでもある、でも、たったひとつの人と街の愛しい物語。ばななワールドからの贈り物。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

相変わらず、死に近い場所やシーンをじわじわと染みわたるように描くのが上手いよしもとばなな。同じようなシチュエーションは多いけれど、親兄弟関係、交友関係、土地柄が違うとまた違った印象でぞくぞく楽しめる。  

無理心中させた、知らない女の人の存在がブラックホールのように深く暗く死そのもののようで怖かった。  

下北沢のアパートとか食堂とか各お店とか細かく描写されていて、雑貨が欲しくなったり、お腹がすいたりしましたv

下北沢には1回しか言ったことないけれど、隣の隣の駅の代々木上原なら何度も行ってました。うちの母の友達家族が住んでいて、泊まったりしていたので。昔ながらの銭湯とかあっていい感じの町でした。

★★☆☆☆


ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


 
スポンサーリンク