読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

有栖川有栖「妃は船を沈める」有名な猿の手

妃は船を沈める 妃は船を沈める
有栖川 有栖

火村英生に捧げる犯罪 (文春文庫) 長い廊下がある家 乱鴉の島 (新潮文庫) 女王国の城 下 (創元推理文庫) 絶叫城殺人事件 (新潮文庫)
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより) 所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。“妃”と綽名される女と、彼女のまわりに集う男たち。危うく震える不穏な揺り篭に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。―何を願って眠るのだろう。臨床犯罪学者・火村英生が挑む、倫理と論理が奇妙にねじれた難事件。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

猿の手」にそんな深い解釈があったのには驚きました。確かにはっきりとはしてなかったしなあ。でも作者は単純に本当に化け物として書いたかもしれないけれど。  

他は普通におもしろかったです。話は平凡だけれど上手いので。

この方のは、「赤い月、廃駅の上に」が面白かったです。とっても怖かったです(;・∀・)

★★☆☆☆


ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


 
スポンサーリンク