五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

桐野夏生「魂萌え!」死んだ夫の愛人と修羅場

 

魂萌え!〔上〕 (新潮文庫)

魂萌え!〔上〕 (新潮文庫)
桐野 夏生

魂萌え!〔下〕 (新潮文庫) 残虐記 (新潮文庫) グロテスク〈下〉 (文春文庫) グロテスク〈上〉 (文春文庫) 柔らかな頬〈下〉 (文春文庫)
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより) 夫の愛人と修羅場を演じるなんて、これが自分の人生なのか。こんなにも荒々しい女が自分なのか。カプセルホテルへのプチ家出も、「あなたをもっと知りたい」と囁く男との逢瀬も、敏子の戸惑いを消しはしない。人はいくら歳を重ねても、一人で驚きと悩みに向き合うのだ。「老い方」に答えなんて、ない。やっぱり、とことん行くしかない!定年後世代の男女に訪れる、魂の昂揚を描く。第5回婦人公論文芸賞受賞作。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*

59歳の敏子。私とは母ほどではないにしろ年上になるけれど。中高年というくくりではいっしょ。私はかなり老成してるから(成長はしてないけれど、枯れてはいるというか…)心構えはいっしょ。

オスが多くのメスと獲得したいのはよーくわかる。本能だから仕方ないよね、でも人間だから結婚のルールに違反しちゃだめでしょ。でも我慢できないのが男なの??

「構って!いっしょにいて」とすがらなかった敏子にも非はちょこっとだけはあるけれど。

許し難いことが死んだ後に発覚してよかったような気がします。生きてたらいろいろ言い逃れして面倒なことになりそうだから。今後の勉強になりました!カプセルホテル、泊まってみたいー (。・ω・。)★★☆☆☆

ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


 
スポンサーリンク