読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」どんな状況に陥っても、母は子供の行く末が心配なのよね・・・・

作家名T
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし) ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)
辻村 深月

光待つ場所へ ロードムービー (講談社文庫) V.T.R. (講談社ノベルス) ふちなしのかがみ オーダーメイド殺人クラブ
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより) “30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。少しずつ隔たってきた互いの人生が、重なることはもうないと思っていた。あの“殺人事件”が起こるまでは…。辻村深月が29歳の“いま”だからこそ描く、感動の長編書き下ろし作品。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

表題が何を示してるのか、ひと目見てわかってしまいました。…大抵の人はわかるかな。自分がついついやっちゃってることだから。  

女子の関係がみっちり描かれていて、大変だったつきあいを思い出しました。男子だって大変なとこあるだろうけれど、次は男に生まれたい。女性には身につまされることがたくさん描かれていて最後までつらく、また面白く読めます。  

最後のほうチエミ視点でかかれた所で、やっとチエミを理解して寄り添うことが出来ました。それまでは、ばかすぎるし宇宙人のように思えてしまっていた。主人公の視点のせいもあるけれど。やはり両方から見ないと不公平ですね。これは過激すぎるけれど、母の切ない思いもまた、身につまされます。どんな状況に陥っても、子供の行く末が心配なのよね・・・・・最後はほっとできます。 ★★★☆☆

ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


?
スポンサーリンク