五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

坂東眞砂子「くちぬい」”手垢のついたテーマ性ではなく作家個人から出てくるもの”書かれてる?

くちぬい
くちぬい 坂東 眞砂子

集英社 2011-09-26
売り上げランキング : 268535

Amazonで詳しく見るby G-Tools

朱鳥の陵 狂 (幻冬舎文庫) パライゾの寺 (文春文庫) 逢はなくもあやし (集英社文庫) 緑の毒
内容紹介 夫婦が移り住んだ村の忌まわしい因襲とは・・・。 首都圏の放射能汚染から逃れるために東京から西日本の村に移住した夫婦。村の暮らしは悪くないものに思えたが、些細な土地のトラブルから村人による虐めが始まり・・・。日本の暗部を暴く書き下ろし長編。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*

閉ざされた村。和やかな日常の中にこっそり、そして段々大胆に、じわじわ迫る追手。最後は波乱で終わる。とても面白かったですよ。  

ただ「27回横溝正史ミステリー大賞」選考の際、一過性の面白さだけでなくそれ以上の何か(手垢のついたテーマ性ではなく作家個人から出てくるもの)がないと駄目と言っていたので、ではこの作家は、それを書いてくれてるんでしょうね!!と大期待して読んでしまいました。・・・それほどでもなかったですよ。でもそこそこ楽しめます。 ★★★☆☆

ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


?
スポンサーリンク