五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

白石一文「幻影の星」もう少し反芻して消化して熟成してから

幻影の星
幻影の星 白石 一文

文藝春秋 2012-01
売り上げランキング : 368141

Amazonで詳しく見るby G-Tools

火口のふたり 翼 (テーマ競作小説「死様」) 快挙 砂の上のあなた 彼が通る不思議なコースを私も
内容(「BOOK」データベースより) 郷里の母から送られてきた、バーバリーのレインコート。なぜ?ここにもあるのに…。震災後の生と死を鋭く問う、白石一文の新たな傑作。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

前回読んだものが良くて、期待していただけにがっかり。なんとなく始まるなんとなく終わる。もう少し反芻して消化して熟成してから小説にしてほしい・・・

★☆☆☆☆

ちなみに前回読んだのは砂の上のあなた
砂の上のあなた

内容(「BOOK」データベースより) ひとかけらでいい。僕が死んだら、愛する女性の骨と一緒に眠らせてほしい。最愛の父に愛人がいた…。見知らぬ男からもたらされたのは、娘が最も知りたくなかった事実。しかし亡き父の妄執は、35歳の主婦・美砂子の結婚生活にまで影を落としていく。ぬるく濁った世の中を貫けるのは、時間の流れをもねじ伏せるほどの「強い感情」だけなのか―。圧倒的長編小説。*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*

白石さんの読んだ本の中では断然よかった!!(いつもはなんだかな~と思いつつ読んでます・・・)

美砂子の夫とご先祖様の絡まり具合といい、奇しくも最近読んだ「末裔」に似ていて。 ★★★☆☆





ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


?
スポンサーリンク