五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

小池昌代「わたしたちは、まだその場所を知らない」読書発表会の話!レヴュー読むの楽しいけど、皆の前で発表するのは。。。

わたしたちはまだ、その場所を知らない
わたしたちはまだ、その場所を知らない 小池 昌代

河出書房新社 2010-06-16
売り上げランキング : 109335

Amazonで詳しく見るby G-Tools

感光生活 井戸の底に落ちた星 通勤電車でよむ詩集 (生活人新書) 小池昌代詩集 (現代詩文庫) 厩橋
学校には、日の当たらない場所がある。詩に惹かれる女子生徒と女性教師の、とり残された風景での交わり。どこにもまだない場所の、希望を微かに感じさせる明るさを描く長編小説。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

女性教師がぶどう棚の下の読書発表会を開くことに奮闘(というほどでもないか)する静かな静かな小説。

皆の好きな小説や詩の一篇や、どうして好きなのかが感慨深かった。まるで詩集のレヴューを見ているみたいで、その詩をその作者の作品をぜひ読みたくなった。詩など、銀色夏生くらいしか読んだころないんだけど。後は金子みすずの有名な詩とか相田みつをのとか。高校生の頃はリルケとかポーとか読んでみたけれど、ちんぷんかんぷん。

 レヴューを見たら、この小池昌代さんの「ことば汁」というのが面白そう、ぜひ読もう。  ★★☆☆☆

ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


?
スポンサーリンク