五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

重松清「その日のまえに」宣告された死のほうが・・・

その日のまえに
その日のまえに 重松 清

おすすめ平均
stars死をどのように受け入れるか
stars動じない強さ
stars生きる(死ぬ)ということはどういうことか
stars泣けないんだよなぁ。この題材にして。
stars丁寧に描かれた人の死と、その周辺の人たち。綺麗で、泣けて、考えさせられる、素晴らしい小説だった。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより) 昨日までの暮らしが、明日からも続くはずだった。それを不意に断ち切る、愛するひとの死―。生と死と、幸せの意味を見つめる最新連作短編集。

 

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

癌で余命を宣告された人と、その肉親や友人たちの葛藤のお話。

どの癌の人もすべて助からないのがちょっと悲しすぎる。私の母も子宮ガンで43の時に手術をして、その後5年間は転移に怯えて暮らしていた。更にその後、別に心臓の手術もしたけれど、現在の医学のおかげで元気に生活してる。ほんとに今の世に生まれてこなかったらとっくに死んでしまっていた人です;  

いきなりの死よりは宣告された死のほうが、本人もまわりの人も苦しみ抜くけれど、双方に何か大きなものを残してくれるような気がしました。でも子供には本当に酷すぎる。子供が死ぬ立場の話がなくてまだ助かったけれどかなり泣きました~(笑)

ただ同じような表現があってちょっと醒めてしまった箇所もあり。  

私も今年48。人間ドックを一年置きに受けてます。なまじ日常、超健康で更に医者嫌いなので腰が重いです…。子供のためにも絶対に受けないとなあと改めて思いました。早いところ、癌の特効薬が出来ないかしら…。

★★★☆☆





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
|∀`)ノ.。oO(ありがとうございます)



☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク











ついに手を出してみた、げん玉。・・・なんだかバカにしてたゲームが面白いような・・・?(・∀・;)
↓↓ココから登録すると250ポイントもらえます!
スマホ版のげん玉を利用すれば、無料アプリをインストールするだけで ポイントGETできます。