五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

あさのあつこの醍醐味とは・・・あさのあつこ「バッテリー」他

NO.6(ナンバーシックス)#1
NO.6(ナンバーシックス)#1 あさの あつこ

講談社 2003-10
売り上げランキング : 38129

おすすめ平均 star
starたとえあの夜のことが
star二人の行き着く先は…。
starまさか時間を忘れてまで読んでしまうとは…。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容*どうしてあの夜、ボクは窓を開けてしまったんだろう? 飢えることも嘆くことも戦いも知らずに済んだのに。 2013年の理想都市「NO.6」。 エリート居住区にすむ紫苑(シオン)は12歳の誕生日の夜、特別警戒地域から逃走した少年・自称ネズミと出会う。その瞬間、紫苑の人生はリセットされた。待つのは破滅……!?

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*

虫に弱い私にはちょっと鳥肌もののシーンも。 児童書なのであっという間に読めます。ありがちな設定ですが、そこはキャラの魅力でカバー。 「ん~・・・でもなぜ紫苑とネズミをあそこまで接近させるのでしょう。。。 」 レヴューから抜粋。あはは。その通り。でもあさのあつこの小説は皆そうだから。 そこに醍醐味みつけないと結構辛いかも?(笑)

★★☆☆☆

 

少し前に読んだふたつ。

バッテリー
バッテリー あさの あつこ

教育画劇 1996-12
売り上げランキング : 78652

おすすめ平均 star
star冬の朝日の少年
star不健全な家族と野球少年
starちょっと無理がある

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容*そうだ、本気になれよ。関係ないこと全部すてて、おれの球だけを見ろよ。 中学入学を目前に控えた春休み、父の転勤で岡山の県境の街に引っ越してきた巧。ピッチャーとしての自分の才能を信じ、ストイックなまでにセルフトレーニングに励む巧の前に同級生の豪が現れ、バッテリーを組むが…。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

中学校時代くらいの鬱屈した想いを思い出させてくれますね。巧ほどではなかったけれど。  本当にあまり野球をやってる場面は少ないですね。 才能があって個人主義な巧には個人プレーがあってると思うのですが、 家族の中でも学校でも孤独で孤高な巧が豪と出会い、人とのかかわりで成長してくのが主題なのだろうから、個人競技よりも団体プレーンの野球がふさわしいのかも。 「とりあえず、児童書で合法的にホモを書くために野球のバッテリーというポジションを発見した作者の 着眼力には感服!という感じですが、」 レヴューから抜粋。いやはやまったく!(笑) バッテリーと組むというのは夫婦になるってことみたいなことよく言いますもんね。野球漫画で。 「ドカベン」の里中くん、好きでした。

たしか3巻まで読みました。部室でリンチされたり、ますますBL的シーンが増えて喜んだ憶えが…。また続き読んでみよう。 才能あってプライド高い人がつまづいて苦しむのって萌えます…。(笑) …なんて感想じゃなくて、素敵な感想レヴューがたくさん載ってるのでぜひ上のアマゾンで見てみてくださいvv レヴュー読むの大好き。共感したり反感持ったり。意外な着眼点に気づいたり。レヴューのほうにこそ感動したり。

★★★★☆

福音の少年
福音の少年 あさの あつこ

角川書店 2005-07-20
売り上げランキング : 19113

おすすめ平均 star
star読解力が必要な作品
star大切な人を失って残るものは…?
star私には伝わりにくかった

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容*小さな地方都市で起きた、アパート全焼の火事。同級生の少女が、焼死体で発見された。それが、事件の始まりだった。それが、二人の少年を結びつけていった。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*

ミステリーというにはちょっと物足りない。 やはり異質な少年同士のぶつかり合いが見所なんだろうな。 最後のほうに出てくるおじさまも素敵でした(笑)

★★☆☆☆




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
|∀`)ノ.。oO(ありがとうございます)



☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク




☆参考にしてるトラコミュ

オリジナル小説発表
創作家の自分記録  
自分らしく気まま生活!
イラスト日記