読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

長野まゆみ「咲くや、この花」まあBL小説に比べたら・・・

作家名N
咲くや、この花 左近の桜
咲くや、この花  左近の桜 長野 まゆみ

角川グループパブリッシング 2009-03-27
売り上げランキング : 81712

おすすめ平均 star
star不思議な感性だ…。
starそれなりの理由
starうーん

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより) 春の名残が漂う頃、「左近」の長男・桜蔵のもとに黒ずくめの男が現れて、「クロツラを駆除いたします」という怪しげな売り込みのちらしを置いていった。数日ののち、離れに移ってきた借家人の骸が押し入れから転がり出た。そこへくだんの男が現れて言うには、クロツラに奪われたタマシイを取り戻せば息を吹きかえすと…。魂を喰う犬を連れた男、この世の限りに交わりを求める男、武蔵野にたたずむ隠れ宿「左近」の桜蔵を奇怪な出来事が見舞う…。夢と現が交錯する蠱惑の連作小説シリーズ第二作。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

あらあら、第二作なのね、じゃあ今読んでる「左近の桜」が一作目…。二作目のほうが、奇想天外な幻想性があっていいな。よくできたファンタジーみたい。

でもなんだかわけわからないうちに、抱かれてしまうのがどうも…。おまえは女だ、と言われ続けてる桜蔵がかわいそすぎるような気がする。綺麗な女性の恋人がいるのが救いだけど。

桜蔵を抱かせてもらってる、幽霊さんや妖怪さんや妖精さんが、もっと感謝して御礼でもしてくれるといいな(笑)たまにあっさり、そのシーンぬきでもいい。まあBL小説に比べたら、そのシーンは一昔前の映画の暗転という感じなんだけど。

お父様の柾が酷いんだけど、憎めないなあ(笑)回想シーンの小さい頃の桜蔵とパパのお話がいつも可愛らしい。印象深かったのは、「迷い犬」「雨彦」「千紫」「黒牡丹」「桜守」柾の家に引っ越して続くみたいでちょっと嬉しい。義理の父疑惑もあるし、まさかの展開?(笑) ★★☆☆☆


ぽちっと!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文














|∀`)ノ.。oO(下のバナーから登録すると私へも800pt(80円)いただけるので、もし登録しようかな~という時は、ぜひよろしくお願いします!)



|ω・´).。oO(楽天などの買い物をここ↓からすると1%貯まります、気長に貯めてます!)