読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」むしろ好き勝手な大人に翻弄されている少女七竃が一番可哀想な気がする

少女七竈と七人の可愛そうな大人 少女七竈と七人の可愛そうな大人
桜庭 一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫) 赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫) 私の男 (文春文庫) 推定少女 (角川文庫) 少女には向かない職業 (創元推理文庫)
by G-Tools

出版社/著者からの内容紹介 わたし、川村七竈十七歳はたいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった 鉄道を愛し、孤高に生きる七竈。淫乱な母は、すぐに新しい恋におちて旅に出る。親友の雪風との静かで完成された世界。だが可愛そうな大人たちの騒ぎはだんだんと七竈を巻き込んで。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

類まれな美貌の七竃自身の恋や悩みよりも、母親とかその母親の不倫した先生の奥さん、母の親友(七竃とそっくりの息子がいる)とかの恋愛どろどろ模様のほうに圧倒されました。ドロドロしているけれど、それでもそれぞれ健気にしぶとく生きてきたこの17年の重み。ある日突然淫乱になって家を出て男狂いの日々を送る七竃の母。(隣の席の先生との恋(不倫)に破れたせい?)その母の敵でもあり親友でもある子沢山で働き者の奥さん。(七竃の最愛の、双子の男の子のお母さん。…入り乱れてる~)  

二話から登場のシェパードのビショップが全編にいい味出してる。ビショップに、なぜか七竃は白いむく犬として認識され、「むくむく」と命名されてる!(笑)  

七竃はまわりの大人を可愛そうと言っているけれど、好き勝手にたくましく生きる大人ではなく、翻弄されている少女七竃が一番可哀想。自分勝手に打ちひしがれたり色々な男と放浪するお母さんにも振り向いてもらえず。でも最後には、ビショップがお母さんの靴をずたずたにして家出できないようにしたし(笑)、最愛の方割れとも和解して東京へ羽ばたいて行こうとしてる。成長物語かも?  

独特の語り口がどうにもなじめないけれど。もう一冊読んでみようかな。 ★★★☆☆

ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


?
スポンサーリンク