五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

白石一文「永遠のとなり」鬱、もっと大変なものじゃないのかな

永遠のとなり
永遠のとなり 白石 一文

文藝春秋 2007-06
売り上げランキング : 495314

Amazonで詳しく見るby G-Tools

心に龍をちりばめて (新潮文庫) 不自由な心 (角川文庫) もしも、私があなただったら (光文社文庫) 一瞬の光 (角川文庫) どれくらいの愛情 (文春文庫)
内容(「BOOK」データベースより) 部下の自殺をきっかけに自身もうつ病に罹り、会社を辞め妻子とも別れ、何もかも壊して故郷・博多に戻った精一郎。九年前にがんを発症し、死の恐怖から逃れようとするかのように、結婚と離婚をくりかえす敦。小学校以来の親友であるふたりの男は、このやるせない人生を受け入れられるのか―。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

いろんな主題を描きたいのは解るけれど・・・なんだか誰にも感情移入もできなければ、心も動かされませんでした。登場人物が遠すぎたのかしらん。まずお金に何の心配もなくて羨ましすぎる。人間運不運幸不幸織り交ぜてやってくるものね。鬱経験してるというけれど、もっと大変なものじゃないのかな。全く伝わってこなかった。  

題名は最後のシーンでわかるのね。親友がいるなんていいな。  

が、次に読んだ「砂の上のあなた」がとてもよかったので次もまた読むと思います。

でもこれは星ひとつ。★☆☆☆☆

ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


?
スポンサーリンク