読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

川上弘美「光ってみえるもの、あれは」

作家名K
光ってみえるもの、あれは
光ってみえるもの、あれは 川上 弘美

中央公論新社 2003-09-10
売り上げランキング : 154961

おすすめ平均 star
starきらきら輝く♪
star既読で、川上弘美さんのファンなら、このレビューを読まない方が
star切なくなる一冊

Amazonで詳しく見る by G-Tools

*内容*16才の男子高校生が、奇妙な大人たちに取り囲まれながら、自身も大人へと変容していく過程を描いた青春小説。 江戸翠(みどり)は、フリーライターの母と祖母との3人暮らし。「ふつう」である翠に少し不満を持つ母を筆頭にして、家族はみな、どこか浮世離れした人々だ。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*  

平凡な主人公の平穏な毎日が繰り広げられてゆく。特に伏線も起伏もなく。ただ取り巻く人達はちょっと癖のある人物たちでおもしろい。同い年感のある未婚の母像はありがちだけど、特に祖母の言動が楽しめました。「ちくちくこそが生きてるあかし~」のところなんか(笑)そうそう歳ととっても可愛い人はかわいい。(普段はさばさばしてて強い人なんだけど)  

うろうろ生きるのはいかがなものか…と人生に淡白だった少年が、日常の中でちょっと成長してゆく話です。(読書レヴューが一つ★と五つ★に分かれてるのがおもしろかった。気に入る人は気に入るしというやつですね。読書レヴューのほうがおもしろかったりして。)

ふわふわするような文章と日常の連続にぼんやりと読みすすめて行ったけれど(笑)、最後のほうの無人島に花田くんと行く話はリアルでよかった。(特に鹿と虫が)主人公の翠くんがやっと少年に思えてきました。  この話を憶えてられないストーリーとぼんやり感は、江国香織を思い出します…。あの人の本も内容を憶えていられない。けれど読後感は爽やかでいい感じなのです。  

 

青春(暗いトンネル)を遥かに通りすぎて遠くから眺めると、きらきら光ってみえますね。(そういう話かと思ってました(笑) ★★☆☆☆





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
|∀`)ノ.。oO(ありがとうございます)



☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク




☆参考にしてるトラコミュ

オリジナル小説発表
創作家の自分記録  
自分らしく気まま生活!
イラスト日記