五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

むしろ作者が興味深い 嶽本 野ばら「デウスの棄て児」

デウスの棄て児
デウスの棄て児

 
  嶽本 野ばら

小学館 2003-06
売り上げランキング : 178000

おすすめ平均 star
star孤高
starスゴすぎます
star行き場のない憤り

Amazonで詳しく見る by G-Tools

私を衝き動かしてきた、私の生きる原動力となってきたものを、今となっては正直に告白しなければなりますまい。それは神、つまりは天主への憎しみ。この世界を創造し、摂理を生み出した全能の天主なるものが事実存在するならば、私はそのものに復讐を企てる為だけに心血を注いできたのです。神をも畏れぬ衝撃の解釈で、日本キリシタン史最大の悲劇を描いた、第16回三島由紀夫賞候補作家の書き下ろし最新作。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*

独自の美学を持っているなあといろいろ考えさせられました。謎に満ちてるという天草四郎とその周辺の事、大丈夫なのか~という位ほんとに大胆に描かれてます;

お耽美趣味の人だと楽しく、そうでなくてもそれなりに最後まで面白く読めます。(好き嫌いは別れますが)

むしろ嶽本 野ばら自身の人となりが気になります、ロココ時代生まれとの事でしたが、私と同じ歳!(笑)下妻物語の作者だったのですね、見てないですけど、人形関係で知ってます…。また他のも機会があれば読んでみたいです。
★★☆☆☆




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
|∀`)ノ.。oO(ありがとうございます)



☆参加してるトラコミュ

本・感想・評論・レビュー
今日の読書日記
書物、書籍、本
長編小説、ノベルシリーズ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般
読書好き集まれ~
読書感想文





スポンサーリンク










↓↓うわさのげん玉入ってみました。ココから登録すると250ポイントもらえます。

スマホ版のげん玉を利用すれば、無料アプリをインストールするだけでポイントGETできます。



モッピー!お金がたまるポイントサイト