五つ星をさがして

雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。PC版で見ていただけると嬉しいです(≧ω≦)

小野不由美「残穢」今まで読んだ小説の中で一番怖かった!

残穢
残穢 小野 不由美

新潮社 2012-07-20
売り上げランキング : 5804

Amazonで詳しく見るby G-Tools

鬼談百景 (幽BOOKS) くらのかみ (ミステリーランド) 黒祠の島 (新潮文庫) MAZE (双葉文庫) 東亰異聞 (新潮文庫)
内容紹介 怨みを伴う死は「穢れ」となり、あらたな怪異の火種となるのか──。畳を擦る音が聞こえる、いるはずのない赤ん坊の泣き声がする、何かが床下を這い廻る気配がする。だからあの家には人が居着かない──何の変哲もないマンションで起きる怪奇現象を調べるうち、浮き上がってきたある「土地」を巡る意外な真実。著者九年ぶりの五〇〇枚書き下ろし、戦慄のドキュメンタリー・ホラー長編。

*★*――――――――――*★**★*――――――――――*★*

今まで読んだ小説の中で一番怖かった。ぜひ一人で夜中に読んでみましょう!

京極夏彦の短編なども怖いものがちらほらあるが、語りがどうも粘着質で冷めてしまう。硬質で淡々と書いてくれればなあ。綾辻行人の「アナザー」も怖かったな。漫画では山岸涼子。  

でも小野不由美のファンだと意見が別れるみたいです。(私は十二国記屍鬼を読んだくらいで、特にファンではないので・・・)





ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


?
スポンサーリンク